おしゃれな部屋にするためのカラーコーディネート、4つのコツ! おしゃれな部屋にする為のコーディネート術! 家具・インテリア部門 シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

グル―パーズ ニュースサイト

おしゃれな部屋にするためのカラーコーディネート、4つのコツ!

リビングセット

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

2018-5-7

4638 view

おしゃれな部屋にする為のコーディネート術!

家具って見てるだけでわくわくするし、こんなお部屋に住めたらな~って誰しも1度は思ったことがあるのではないでしょうか?
しかし、実際インテリアをおしゃれコーディネートするのって難しい・・・。
雑誌をみたり店頭の家具や雑貨を真似して「北欧風」や「ビンテージ風」を目指して家具を買ってみたけどなんか違う。と思った経験ありませんか。
同じ商品を買ったのになぜ、雑誌の中の部屋と自宅ではこんなに違うのだろう・・・。

雑誌や店頭品は、お部屋全体(空間)をコーディネイトしてまとめています。
自宅の床の色やお持ちの家具との調和があるので、1個1個が素敵な家具を買いそろえていても、他の家具のテイストや床・壁の色が邪魔してしまいます。そうすると、まとまりがなくなってしまい、うまくコーディネイトができません。
つまり、お部屋全体の雰囲気をそろえることが大切なのです。

今回は、コーディネートを失敗しないためにも、4つのコツをご紹介!!

おしゃれな部屋にするためのカラーコーディネート、4つのコツ! - ①お部屋の色は3色まで!

①お部屋の色は3色まで!

インテリアをおしゃれコーディネートするのは色が決め手なんです!
1点1点は素敵でも、好きなものだけ揃えてしまうと色の組み合わせがバラバラになってしまいます。これでは、おしゃれにはほど遠いコーディネートとなってしまいます。

簡単におしゃれな部屋にするには、使う色を3色までにするのがコツです。
聞いたことがある方も多いかもしれませんが、これは鉄板です!
その中で、メインとなる主役の色を1色決めておくと、色の軸はぶれないのでコーディネートしやすくなると思います。
ただ、色は色でも、トーンが違うものもあるので、そこはトーンを合わせましょう。
総称としては同じ色でも極端にトーンが違うものの場合はプラス1色と考えた方が無難かもしれません。

おしゃれな部屋にするためのカラーコーディネート、4つのコツ! - ②色をリピートする

②色をリピートする

お部屋の空間で同じ色をうまく使うことで、一体感が生まれます。
例えば、ラグとクッションを同じ色にしてみたり、センターテーブルとソファの木部の色を同じにしてみたり!
離れた場所で色をリピートして、使うのがミソですよ!
ソファの下にカーペットを敷く場合、同じ色だとメリハリがつかず、ボヤッとした印象になってしまいます。近い場所で、同系色を重ねるのは避けた方がいいかもしれません。

おしゃれな部屋にするためのカラーコーディネート、4つのコツ! - ③アクセントカラー

③アクセントカラー

アクセントカラーとして、さし色を入れてみましょう。
主役になる色と反対の色をポイントにもってくる。
または、原色に近い色をポイントにもってくるのもあり!
こなれた感じでおしゃれなお部屋作りになります。

とくに色にこだわりがないけれど、こなれ感を出したい場合は、緑がいいって知っていましたか?
家具屋やインテリアショップでは意外と緑のソファやダイニングセットが多いんですよ!!
緑かぁ・・・って思いますよね。
でも意外と緑ってどんな色でも合わせやすいんです。
イメージしてみてください。植物の葉は緑ですよね。それに対して、お花はたくさんの色が咲きます。緑の葉に対して、花の色が浮いてるって思ったことがありますか?
基本きれいだなと思い違和感を感じたことがありません。
なので色の組み合わせに困ったら、色が浮きにくい緑!がおすすめです。

おしゃれな部屋にするためのカラーコーディネート、4つのコツ! - ④色の比率を調整

④色の比率を調整

アクセントカラーを使うとき、色の比率によって、お部屋の印象がかなり変わります。
アクセントカラーは、お部屋の全体に対して1~2割にするのがコツです。
色の比率を考えることで、洗練された印象を持たせてくれるコーディネートになるはずです。

以上が、簡単にできるコーディネイトの4つのコツです。
とりあえず、困ったら色を3色にしてみてしょう。
ちょっと難しいと思う方は、クッションカバーやカーペットなどを替えてみるところから始めてみませんか?

おしゃれな部屋にするためのカラーコーディネート、4つのコツ! コーディネート おしゃれ