リフティングテーブルのメリットとデメリット 家具・インテリア部門 シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

グル―パーズ ニュースサイト

リフティングテーブルのメリットとデメリット

リビングセット

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

2017-5-19

31 view
リフティングテーブルのメリットとデメリット -

ダイニングテーブルとダイニングチェアーの高さについてお悩みになったことはございませんか?
一般的にダイニングテーブルの天板の高さは68センチ~72センチ程度と言われています。
ダイニングチェアーの座面の高さは40センチ〜43センチ程度が多いです。
では、食事がしやすい組み合わせは?
天板の高さと座面の高さの差が27センチ〜30センチ程度の時になります。
この差を気にしてダイニングセットを組み合わせてみると、食事中に前かがみになることも少なく、腕を上げたまま食事をするなんて事にもなりにくい、丁度良い組み合わせとなります。
しかし…
ベストな組み合わせを探していくのも家具選びの楽しさですが、手間もかかり、座り心地も人それぞれで、なかなか難しいことです。
さらに近年にはソファーに座りながらゆっくり寛いで食事をしたいという方も急増中で、天板が55センチ〜60センチという低めのテーブルもでていますが、ダイニングチェアーに座って使うには低すぎる、ソファーでの使用に限られてしまいます。
そのような様々な悩みをすべて解決してくれるのが昇降テーブルです。

リフティングテーブルのメリットとデメリット - 昇降テーブルのメリットとデメリット

昇降テーブルのメリットとデメリット

メリット
テーブルの高さを昇降させる事で様々な用途に使い勝手が良く、 食事、こどもの宿題、テーブルが視野に入ることも気にせず映画鑑賞できます。
ダイニングチェアーの高さ、ソファーの高さ、体型に合わせ、生活スタイルに合わせ自由自在に調整できることが最大のメリットです。

デメリット
4本脚仕様のダイニングテーブルに比べ、ガス圧を使用している商品が多く、使用年数による経年劣化や、付加の高い使用環境等で故障などが発生する可能性もゼロではありません。
どうしても使用環境に関する部分については、補償の対象外となってしまうケースも多い為、油をさす等の適度なメンテナンスと丁寧な使用を心掛けて頂きたいです。

店頭にはその他にも、珍しい形の変形型昇降テーブル、天板が2倍に広がる昇降テーブルなど多数そろえておりますので体感してみてはいかがでしょうか。

【〒331-0813 埼玉県さいたま市北区植竹町1-820-5 宮原店】

昇降テーブル 伸長式