カーテンサイズの測り方 オーダーカーテン 1.5倍と2倍ってなぁに? 家具・インテリア部門 シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

グル―パーズ ニュースサイト

カーテンサイズの測り方

カーテン

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

2018-4-5

39 view

オーダーカーテン 1.5倍と2倍ってなぁに?

カーテン購入時に、1.5倍とか1.5倍ヒダって聞いたことありませんか?
幅1mのカーテンは幅1mの生地からできているわけではありません。
通常、カーテンにはヒダがあるため、一般的な既製品のカーテンは幅1.5mの生地から1mのカーテンが作られます。これが1.5倍ヒダ。
オーダーカーテンは幅2mの生地から幅1mのカーテンが作られます。これが2倍ヒダです。
使っている生地の産地・質だけでなく、使う生地の量が既製品とオーダーカーテンでは、全く違うのです。値段の違いの理由はこんなところにもあるのです。

カーテンサイズは生地をはからないで!

幅 編
カーテンはヒダを作っているので、実はスカートのような形状をしています。
多くのお客様が、カーテンサイズとしてカーテン生地の横幅を測っていらっしゃいますが、それは大きな間違いです。(私たちが知りたいのは、裾回りではなくウエストサイズです(笑))
カーテンサイズは生地でも窓枠の大きさでもなく、レールを測りましょう。
レール横幅実寸に3%から5%の余裕をみると、必要なカーテン幅がわかります。
(レールの長さ180cm前後の方だと、一般的な100cm幅のカーテンを2枚かけるのがちょうどよいということになります)

丈 編
カーテン丈を測る際の0起点はランナーです。
(カーテンレールを「シャーッ」と滑るあの輪っかのことを『ランナー』といいます。)
カーテン売り場に来ていただければ、ランナーに引っ掛けるだけで簡単に丈を測ることができるメジャーが置いてありますが、自分で測る場合はレールの上にメジャーを引っ掛けて測るのではなく、レール下から測るようにすると、必要なカーテン丈とおおよそずれることなく測ることができます。
床までの高さの窓(掃き出し窓)の場合は、レールから床までの高さを測って、0~1cmマイナス。小さい窓(腰高窓)は、レールから窓枠の下まで測って、プラス15cmぐらい伸ばすのが一般的なカーテン丈サイズです。
木の跨ぎ部分が10cm~20cmあった場合は、お客様の好みにもよるのですが、床まで測って1cmマイナスでカーテンを作られるのが一般的です。
ちなみに、島忠で取り扱っている既製品のカーテンのアジャスターフックはAフックになっていますので、上に持ち上げることは出来ますが、下に延ばすことはほとんど出来ません。(AフックとBフックの違いは次の機会に・・・) 迷った場合は少し長めを購入されることをお勧めいたします。

カーテンサイズの測り方 - 既製品でもオーダーの価値

既製品でもオーダーの価値

島忠の既製品カーテン売り場には、オーダー仕様(2倍ヒダ)のカーテンもございます。
1cm単位でオーダーでお作りすることもできますが、お勧めは既成お取り寄せサイズ。
100サイズ展開ですので、窓に合わせてオーダーよりも金額を抑えてカーテンを手に入れていただくことが可能です。
幅が100cm、130cm、150cm、200cmの4種類
丈は 80cmから240cmまでのおおよそ5cm単位でご用意しております。
きっとあなたの窓にぴったりのサイズが見つかるはず!
ぜひ、島忠カーテン売り場に足をお運びください!

【〒195-0054 東京都町田市三輪町281-1 ホームズ町田三輪店】

カーテン サイズ 1.5 2 幅 丈 カーテン 既製品