夏物の冷感寝具って何を基準に選べばいいの? 冷感寝具の違い、選び方 家具・インテリア部門 シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

グル―パーズ ニュースサイト

夏物の冷感寝具って何を基準に選べばいいの?

寝具

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

2018-5-14

夏物の冷感寝具って何を基準に選べばいいの? - 冷感寝具の違い、選び方

冷感寝具の違い、選び方

夏が近づくといろんなところで見かける冷感寝具
値段もいろいろで何がいいのかわからない!!

そんな方にわかりやすく、簡単に夏物敷きパッドの違いをご説明いたします!

毎年夏は寝苦しい暑さとの戦いになりますが、寝てるときに暑く感じるのは熱がこもっているからなんです。

なので、寝ている時に暑さを感じにくくするには熱をこもらせないことが重要なのです。

ここでまず敷きパッドが立体 なのか 平面 なのか

によって空気の逃げ、こもりにくさが変わります。
立体の方が軽く寝返りを打つだけでも空気が逃げるので暑さのこもった感じが軽減されます。

夏物の冷感寝具って何を基準に選べばいいの? - 素材

素材

次に敷きパッドに使われている素材の違いをご案内!

簡単に言うと
ポリエチレン > レーヨン・ナイロン > ポリエステル

この順で冷たさの持続が違います。
最初触って冷たいのはポリエステルでも作れるのですが、ずっと同じところにいるとだんだん体の熱が移り、ぬるくなってきます。
そこで重要になってくるのが

☆☆熱伝導率の良さ☆☆

熱伝導率が良いということは熱い体の熱を吸収するのが早い、且つ体が離れた時に空気中に熱が逃げるのも早い。

ということは

寝返りを打つたびに最初の冷たさが戻ってくる!
冷たい時間が長い!

というわけなのです。


結論
ポリエチレン配合率が高い(のに安い‼︎)敷きパッドを選ぶと失敗しない!


島忠千葉ニュータウン店では(他社にはあまり置いていない)立体の敷きパッドや、ポリエチレン配合率が高いのに安い敷きパッドが多数展開されておりますので、是非一度ご覧ください♪

【〒270-1334 千葉県印西市西の原5-7 ホームズ千葉ニュータウン店 】

冷感敷きパッド 違い 冷感寝具 冷感寝具 夏物