ストレスなく眠りにつくために 横になってすぐ眠りにつくためには? 家具・インテリア部門 シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

グル―パーズ ニュースサイト

ストレスなく眠りにつくために

寝具

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

2017-6-28

812 view
ストレスなく眠りにつくために - 横になってすぐ眠りにつくためには?

横になってすぐ眠りにつくためには?

現在では、スマホでネットサーフィンやアプリでゲームをしたりと、眠る間際まで、ブルーライトを浴びているひとが多くいると思います。
わたしもそのうちの1人で、部屋を真っ暗にして、スマートフォンをいじりながら、うとうとしてきたら、目を瞑ると寝落ちしているという日々を過ごしています。

それで、うとうとしてくればいいのですが、そんな毎日ではありません。
眠れない眠れないと思いながら、朝を迎えたことが何度もあります。
そんな日は1日中、頭がもやもやでうまく働かない、なによりむくみや目の下にクマが出来てしまい、具合悪いの?と聞かれることがよくあります。

脳をうまく働かせるためには、しっかり眠ることが大切なのは皆様ご承知のことと思います。
ここでは、眠れないともやもやしているかたに、ストレスなく眠りにつける大切なポイントをいくつかご紹介いたします。

ストレスなく眠りにつくために - 刺激を与えない

刺激を与えない

寝る前は体も心も落ち着かせてください。

激しい運動など、神経が高ぶってしまうことは極力避けましょう。
夜健康のために走っている人って意外といますよね。
ただ、眠る間際だと身体が逆にさえてしまって、眠りに着きにくくなることもあります。
クールダウンの時間をしっかりと考えましょう。

また、スマホやパソコンなど液晶画面の強い光を避ける。
パソコンやスマートフォン、TVから発せられる光は、人の脳にとって非常に強い刺激を与えているそうです。
就寝の1時間前には、脳に刺激を与えることを避けましょう。

ストレスなく眠りにつくために - 夕食は眠る直前を避ける

夕食は眠る直前を避ける

食事をすると胃腸の働きが活発になり、目が冴えてしまいます。
深い眠りに着くためには、眠る3~4時間前までに夕食を終えることが大事です。
仕事の都合で、遅い時間に夕食になる場合は、腹七分目に抑えておきましょう。

眠れないときには、よく昔からホットミルクを飲むと良いといわれています。
これは体を温めると同時に、カルシウムをたくさんとることで、イライラや緊張を抑え、安眠へと導いてくれます。

ストレスなく眠りにつくために - 音楽

音楽

人には、脳波の種類が2種類あり、アルファ波とベータ波というものがあります。
緊張しているとベータ波が、リラックスしているときはアルファ波が出るといわれています。
アルファ波は8Hzから14Hzの周波数の領域の脳波で、つまり、このアルファ波を出すような環境をつくれば、眠りは自然に訪れるということになります。
しかし、その周波数ってなんのことかよくわからないですし、難しいですよね。

最近ではアルファ波を導いて眠りを誘うという音楽がたくさん出ています。
ゆるやかで、優しいメロディー、単調なリズムの音楽を静かに流せば、うとうとしてくるかもしれません。
脳波をアルファ波に変えて、リラックス状態にしましょう。

ストレスなく眠りにつくために - 香り

香り

香りには、心身をリラックスする効果があるといわれています。
ハーブや果実などから抽出した香りによって身体と心を癒す方法です。
特に、ラベンダー、カモミール、セージなどは、気持ちを落ち着かせ、眠りを誘う効果があると言われています。
自分にあった香りをみつけ、アロマディフューザーを枕元においてみましょう。
いわゆる学習効果によって、その香りをかぐと自然に眠たくなるという習慣をもたらしてくれます。
ハーブや果実などの香りは、聞いたことがある方が多いと思いますが、「コーヒー」の香りが眠りを誘う香りといわれています。
カフェインが多く含まれているイメージが強いため、驚かれる方もいると思いますが、コーヒーの香りは、気持ちを落ち着かせる効果があり、眠気を促してくれます。
特に、グァマテラとブルーマウンテンはアルファ波が多く出現するそうで、逆に、マンデリンやハワイコナはアルファ波の出現が少ないというデータがあります。(全日本コーヒー協会より参照)
コーヒーの種類によっては、リラックスできるものとできないものがあります。
もちろん飲んでしまうと目が冴えてしまいますよ。

人間のからだって不思議ですよね。

今回はご自身のコンディションを整えることで、ストレスなく眠りにつくポイントをご紹介いたしました。
今後は、お部屋の環境として、光の加減や、お部屋の色合いなど、寝室の環境についてもご紹介できればと思います。

眠れない ストレス 眠り