子供のための良い姿勢作り!良い座り方とは? 学習机の椅子の選び方 家具・インテリア部門 シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

グル―パーズ ニュースサイト

子供のための良い姿勢作り!良い座り方とは?

学習机

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

家具・インテリア部門

2017-8-4

1339 view
子供のための良い姿勢作り!良い座り方とは? - 学習机の椅子の選び方

学習机の椅子の選び方

今回は、意外と重要!
子供の姿勢に関わる学習机椅子についてご紹介します。

成長段階の子供にとって、きちんとした姿勢を保つことはとても重要です。
姿勢が悪いと身体への負担が大きくなり、疲れやすくなったり、集中力がきれやすくなりがちです。
最初に変な姿勢がついてしまう前に、今からきちんとした姿勢で習慣をつけてもらいましょう。

良い姿勢を保つためには、ポイントがあります。
まずはこのポイントをチェックしてみてください。

1.背もたれが背中や腰を支えるように、まっすぐな姿勢を保っているか
2.足がぶらぶらせずに、膝が90度で足裏が、床または足置きについているか
3.座面の先端部分と膝裏部分が指2本分ほどのすき間があるか
4.肘が90度になる高さで机に向かっているか
いかがですか?ポイントを抑えて座れていますか?

まずはこれが、理想の正しい姿勢の1歩です。
椅子を選ぶ際、これがしっくり簡単にできるものを意識して選んでみましょう。

学習机の定番の木製椅子について

学習机の定番の椅子は、やはり木製椅子ですよね。
私も木製椅子を使っていました。
そういえば、木製椅子って座った状態で、机の方に椅子を引こうとすると足置きのところがふくらはぎにぶつかったりして、うまく引けなかったなんてことを思い出しました。
小さいうちは力もあまりなく、座り慣れていないため椅子を引くのも大変なんですよね。
でも最近の木製椅子には、キャスターがついているものもあり「椅子が引きにくい」という悩みを解消してくれます。

「木製椅子にキャスター?」「すぐに動いて危なくないの?」と思われる方もいるかもしれませんが、キャスターに体重をかけるとタイヤが沈み込むようになっているので、普通に座っていると動きにくく、腰を浮かして体重がかからないと動きやすくなるという構造になっています。
また、回転椅子に比べて、ひっくり返りにくく、安全面も考慮されたつくりになっています。

そして、足元に荷物やランドセルが置けます。
机に掛けるところはありますが、ランドセルは置いてみると大きく横にスペースをとりがちです。椅子の下に収納することで場所を有効活用でき、お部屋も広く使えます。

こんな超高機能の木製椅子にも、デメリットはあります。
それは、高さの調整をする手間があるということです。ドライバーを使って高さを調整するので、時間がかかります。
といっても、お子様の成長に合わせて1.2年に1回ほどだけですが、、、。

少し手間ではありますが正しい姿勢を保つためには、この座面と足置きの高さの調整が重要になってきます。

子供のための良い姿勢作り!良い座り方とは? - 小さい子供が憧れる回転椅子について

小さい子供が憧れる回転椅子について

小さい子供なら誰もが憧れる回転椅子
なぜかわからないですけど、あの頃はあの回転椅子がかっこいいと思っていました。

回転椅子は、キャスターがついているので、椅子を引くことが簡単にできるものです。
また、高さの調整もレバーひとつでできるので、手間いらずです。

ただし、この回転椅子を使うときに気をつけなければならないことがあります。
それは、座面が左右に回転するというのが大きな特徴ではありますが、逆にお子様が使うと右へ~左へ~ぶらぶら~と遊んでしまうので、集中力が散漫になってしまいます。
また、背もたれに寄りかかったときや、足置きや座面に乗って棚の物を取ろうすると転倒しやすいということがあります。
キャスターが着いているので滑って転倒してしまうという事態になりかねないです。
子供って予期せぬ発想をしますから。。。いい意味でも悪い意味でも。

子供のための良い姿勢作り!良い座り方とは? - 木製椅子+回転椅子=良いところ取り椅子『ハイブリットチェア』

木製椅子+回転椅子=良いところ取り椅子『ハイブリットチェア』

木製椅子も回転椅子もメリット・デメリットはあります。
大切なお子様が使うものだから極力、デメリットの少ない椅子を選びたいですよね。

そんな方に、木製椅子と回転椅子の良いところ取りをした椅子が最近人気なんです。
その名も『ハイブリットチェア』です。
学習家具を取り扱ってる有名メーカーといえば、コイズミファニテック。そのコイズミ一押しの非常に人気の椅子なんです。
子供のために、長く使えて、長時間集中力を散漫させないような作りにこだわっています。

特徴は、木製椅子のように座面下にランドセルが収納できます。
また、回転椅子のように左右に動きますが、ロックが可能です。
座面高と奥行き前後に調整するレバーがそれぞれあり、細かく調整が簡単にできます。

足置きが座面より前にあるので足も置きやすく、ぶらぶらすることがないので膝90度で綺麗な姿勢を保つことができます。
キャスターもついていますが木製椅子のように4つ脚で、動きにくくするロック機能もあるので安心ですね。
また、4つ脚で重心を低い作りにしてあるため、背もたれに体重を掛けて寄りかかっても転倒しにくく安全です。

これらの理由から、木製椅子と回転椅子の良いところ取りをした椅子『ハイブリットチェア』が人気なんでしょうね。

子供のための良い姿勢作り!良い座り方とは? - お子様のために長く使ってもらえる椅子を選びましょう

お子様のために長く使ってもらえる椅子を選びましょう

3種類の椅子をご紹介しました。どの椅子がお子様にぴったりか、比べてみてください。

ここでは、コイズミファニテックについてご紹介しましたが、有名メーカー(カリモク、浜本、イトーキ、くろがね等)には、それぞれメーカーならではのこだわりがあります。
島忠では有名メーカーの学習机椅子を多数ご用意しています。
是非、それぞれの違いをお試しにきてください。

椅子にこだわって、お子様に正しい姿勢を習慣づけてもらいましょう。

学習机 椅子の選び方 椅子 学習机