秋冬野菜を育てよう【ブロッコリー 実践編Vol.2】 ホームセンター部門 シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

グル―パーズ ニュースサイト

秋冬野菜を育てよう【ブロッコリー 実践編Vol.2】

グリーン

ホームセンター部門

ホームセンター部門

ホームセンター部門

2017-12-28

683 view
秋冬野菜を育てよう【ブロッコリー 実践編Vol.2】 -

ほうれん草や大根など今年も野菜の価格が高くなっていますね。
それでも家族に食べさせたい、もちろん自分も食べたい!しかも新鮮な物を!という事で、初心者ですが家庭菜園で苗からブロッコリーを育てています。その経過を「ブロッコリー育て方」としてご紹介してきましたが、いよいよ収穫の時期がやってきました。

通常は植え付け後65~75日前後で収穫できます。
今年は10月に雨が多く、収穫までこぎつけるか不安でしたが、さあ我が家のブロッコリーはどうなっているのでしょうか。
今回は収穫までの模様をご紹介しようと思います。

秋冬野菜を育てよう【ブロッコリー 実践編Vol.2】 - 除草と生育チェック:植え付けから約2か月

除草と生育チェック:植え付けから約2か月

11月中旬のよく晴れた日に除草を兼ねて、生育チェックをしに畑へ。
だいぶブロッコリーらしくなってきましたが、まだどの株も頂花蕾(ちょうからい)は10cm前後というところです。
ちなみにブロッコリーは緑ハナヤサイとも呼ばれ、花の蕾を収穫します。
頂上にできる蕾を頂花蕾といい、脇から出てくる蕾を側枝花蕾(そくしからい)と言います。

寒冷紗のサイズが小さく、茎が曲がってしまいましたが、成長には問題なく育ってくれています。もちろん虫食いもありませんよ。

草がだいぶ生えてしまったので、栄養を取られないように除草をしました。
これで益々大きくなってくれるでしょう。

秋冬野菜を育てよう【ブロッコリー 実践編Vol.2】 - 収穫:植え付けから約2か月半

収穫:植え付けから約2か月半

除草から2週間ほど待ち、11月下旬に再度サイズチェック。
8株植えましたが、頂花蕾が15cmを超えたものを1株収穫してみました。
我が家は茎も肉巻きの中身に入れたりして活用するので、長めにカットしました。重さもしっかりしているので、味にも期待がもてそうです。
我が子も泥だらけになりながら、収穫したブロッコリーを運んでくれました。

ブロッコリーは、メインの頂花蕾を収穫した後も側枝花蕾が大きくなり、その部分も食べることができます。
側枝花蕾を収穫したい方は、3回目の追肥も忘れずに!もちろん我が家も追肥しました。

秋冬野菜を育てよう【ブロッコリー 実践編Vol.2】 - 側枝花蕾収穫:植え付けから約3か月半

側枝花蕾収穫:植え付けから約3か月半

白菜と違い、メインの頂花蕾を収穫した後も、側枝花蕾を収穫できるのがいいところ。
量はあまり多くないですが、長い期間活用できるのがいいですね。

12月下旬になり、追肥の効果で側枝花蕾も大きくなりました。ちょうどいいサイズなので、このままゆでて、サラダの1品として食卓に出せますよ。

秋冬野菜を育てよう【ブロッコリー 実践編Vol.2】 - 最後に

最後に

収穫後の調理例のご紹介です。白菜の時はシチューにしたので、ブロッコリーはグラタンに投入しました。
似たようなメニューですが、子供が食べられるメニュー優先なので、お許しください。
今回もちゃんと完食してくれました。採れたて新鮮、しかも無農薬というのも大きいのかもしれません。


これまで「ブロッコリー育て方」について3回に渡り、ご紹介してきました。
家庭菜園初心者でお恥ずかしい限りですが、この記事を読んで「自分も作ってみよう」という方が1人でもいらっしゃったら幸いです。

また記事でご紹介した野菜苗、寒冷紗等の用品、肥料などは全て島忠・ホームズ各店のホームセンターフロアにてお買い求め頂けます。
家庭菜園に興味を持たれた方は、春からの夏野菜作りからスタートしてみてはいかがでしょうか。

ブロッコリーの育て方 育て方 ブロッコリー