『海の日』の由来ご存じですか 『海の日』は何をするの? ホームセンター部門 シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

グル―パーズ ニュースサイト

『海の日』の由来ご存じですか

レジャー用品

ホームセンター部門

ホームセンター部門

ホームセンター部門

2017-7-14

324 view
『海の日』の由来ご存じですか - 『海の日』は何をするの?

『海の日』は何をするの?

7月の第3月曜日が『海の日』で、今年は7月17日です。
では、『海の日』は何をする、何を思う日なのでしょうか。
ちょうど関東では梅雨明けをする時期なので、夏のレジャーで『海で海水浴』と思ってしまいがちですが、ちゃんと意味があるのです。

国民の祝日に関する法律 第2条にて「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」と書かれています。しかも『海の日』があるのは、日本だけだそうです。島国日本に生まれて、当然のように海の恩恵を受けている事に感謝しないといけませんね。
では、なぜ7月の第3月曜日なのでしょうか。

『海の日』の由来ご存じですか - 『海の日』の制定は、『海の記念日』に由来する

『海の日』の制定は、『海の記念日』に由来する

もともと『海の日』は7月20日でした。2003年(平成15年)のハッピーマンデー制度(祝日を固定日から特定週の月曜日に移動させた制度)により7月の第3月曜日となったのです。
そして7月20日は以前『海の記念日』と呼ばれていました。
1876年(明治9年)に明治天皇が東北地方を巡幸した際に、軍艦ではなく、汽船の明治丸に乗船されました。そして、横浜港にご帰着された日が7月20日だったのです。
そのことから1941年(昭和16年)に『海の記念日』になり、1996年(平成8年)から『海の日』となりました。

『海の日』の由来ご存じですか - 海なし県に『海の日』はあるの?

海なし県に『海の日』はあるの?

島忠の本社がある埼玉県の他、栃木県、群馬県、山梨県、長野県、岐阜県、滋賀県、奈良県の計8県が海なし県という海岸線を持たない県です。
そして海なし県でも、もちろん『海の日』は祝日としてあります。
また奈良県では、県の条例にて『海の日』を『奈良県山の日・川の日』とし、山と川の重要性や魅力について理解を深め、奈良の美しい山と川を次世代に残すことを目指しています。海の代わりに山や川に感謝するという事なのでしょうね。

『海の日』の由来ご存じですか - それでもやはり海で楽しみたい

それでもやはり海で楽しみたい

海の日』の由来を分かったところで、海の恩恵に感謝しつつ、祝日なのですからやっぱり海で思いっきり楽しみたいですよね。
泳ぐのも良し、スイカ割りをするでも良し、ビーチで日焼けをするのも良いかと思います。
島忠では、浮き輪などのアイテムから、熱中症対策アイテムまで幅広くご用意しております。事故なく安全に楽しい『海の日』をお過ごしください。

海の日の由来について 由来 海の日