島忠本部 シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

シマホWEBマガジン 総合版

グル―パーズ ニュースサイト

島忠本部

島忠本部

  • 住まいと暮らしのことなら 何でもそろう総合センターとして 地域のお客様に選ばれる店であるために。

    「住まいと暮らしのことなら何でもそろう」総合センターとして、地域のお客様に選ばれる店であるために、島忠は集客力のあるホームセンターと家具部門を併設しています。
    というのも、中・高級家具を購入する機会は一生のうちでそれほど多くありません。
    ほとんどの方は、就学、家族からの独立、結婚、引越し、家の購入といった「人生の節目」に家具店を訪れる程度ではないでしょうか。
    つまり、家具部門の売上を左右するのは、お客様にとって店に足を運びやすいかどうかにかかっているのです。
    そのため島忠では、店舗1階に訪問機会の多いホームセンター部門を設置し、家具・インテリア部門を2階に配置するスタイルを売場構成の基本としています。また、品揃えの面では幅広いラインナップを展開。
    お客様の多様なニーズにお応えするとともに、様々なライフプランをご提案することで販売機会の拡充を図り、すでに明確な購入意志をお持ちのお客様はもちろん、潜在的に家具の購入ニーズを持ったお客様も気軽に入店できる動線を確保しています。「ホームセンターと家具の融合」を図ることで、自然にお客様が店内を回遊できるのです。
    お客様は普段から島忠ホームセンターでお買い物を重ねることで、2階に家具売り場があることを把握されているため、家具の購入機会が到来した際に島忠を思い起こすようになります。
    こうしてホームセンターと家具の関連購買による相乗効果で売上アップにもつながっています。

  • 個店対応で地域のお客様の ニーズにきめ細かく応えてまいります。

    島忠の商品の仕入れについては、本部の商品部が、様々な商品の中から高度なトレンド予測にもとづいて仕入れ指示を行いますが、それはあくまでも全体の方向性を示すもの。
    地域のお客様に愛される店となるために、島忠では「個店対応」を徹底しています。
    これは、商品展開などを全て本部がコントロールしていては、マーケットニーズを柔軟かつスピーディに反映した店舗づくりが行えないと考えているからです。
    そこで商品部の仕入れにより島忠全体として豊富な品揃えや価格競争力を持つ一方、売場担当者にも大きな裁量を与えるなど、各店舗が数々の独自施策を行うことを認めています。
    実際に店舗で働く社員たちは、お客様から寄せられた声や各店舗の特性を踏まえて商品を選定し、季節性を意識しながら、地域のお客様のニーズにフィットしたフレッシュな売場づくりを行っています。
    例えば、売場担当者が店長やMD(マーチャンダイザー=本部の仕入れ担当者)などと相談しながら、仕入れ商品の選定からディスプレイに至るまで、自分の判断で決めることも可能です。
    各店の接客・販売に携わる社員やスタッフは、担当する売場を「自分のお店」のような感覚で捉え、お客様に喜ばれる売場をつくることを楽しんでいます。
    島忠の個店対応は、従業員の創造性や意欲を引き出すことにもつながっています。